失火責任法と火災保険 その1

日本には木造家屋が多いことから、過失による火災によって周辺の家屋を焼失させるなどの損害を与えた場合にも、火元となった人には他の家屋の所有者に対する賠償責任を負わせないのが失火責任法の考え方です。したがって、自分の家屋は自分で守らなくてはなりませんので、火災保険に加入する必要があります。一方で、失火によって近隣に迷惑をかけて、道義的な責任を感じる人は少なくありません。いわゆる見舞金を支払うようなことは一般的に行われています。そのような費用を賄うために失火見舞費用保険金が火災保険金とは別に支払われます。それを近隣に支払うかどうかは契約者の考え次第です。また、類焼損害を補償するような保険もあります。失火責任法で守られたとしても、近隣に類焼して、自分だけが保険金を受け取ったのでは、もうその場所に住めなくなってしまうというのが、普通の感覚です。そのため、近隣への類焼の場合に法的責任はなくても火災保険金を支払うような特約もあります。

中性脂肪 下げる サプリ

競馬セブンで競馬予想をしたい方はこちら